映像ストリーム帯域の独立抑制機能(特許出願中)

このたびのEyeVision(Ver.5.3)リリースでは、映像ストリーム帯域の独立制御機能(特許出願中)により、 多拠点接続時の回線帯域を大幅に削減することが可能となっています。 これまでのWeb会議システムにおいて、 [...]

専用機に匹敵する臨場感ある会議

EyeVision全画面フルスクリーンモードを使用することで、 専用機タイプの会議システムの代替として利用していただいても遜色なくお使いになれることでしょう。

スカイプとの違いは?

テレビ会議システム「EyeVision」のSkypeとの機能面における大きな違いは、多数拠点での映像会議が可能であること、アプリケーション共有を使ったデータ会議が可能であること、といったことでしょう。そのほかにも、高速演 [...]

必要な申込みID数の数え方は?

IDは、1台のパソコンで1つ使います。 例えば、東京・大阪・福岡の3拠点(3台)のパソコンから接続する場合は3IDとなります。 必要スペックとインターネット環境を満たせば、出張先のパソコンから、社内の別のパソコンから、自 [...]

VPN環境でテレビ会議システムを利用できますか?

VPN接続型(閉域網)のネットワーク形態の場合でも、EyeVisionでテレビ会議を行って頂けます。 その場合は、サーバ導入型(レンタル版/パッケージ版)をご利用ください。(VPN網内にサーバーを設置します) VPN(閉 [...]

ハンドマイクを使ってのテレビ会議-講習やセミナー会場での利用-

セミナーや講習、授業などのような「情報交換形式」の多人数会議の場合は、ハンドマイク方式がおすすめです。以下の利用例は、5人~30人くらいのセミナー会場のような多人数会議に適しています。騒音の激しい場所でも利用できます。  [...]

会議参加人数とテーブルレイアウトによる音響周辺機器の選択例

快適にテレビ会議をご利用いただける音響周辺機器は、それぞれの拠点での参加人数やテーブルレイアウト、会議の進め方によっても異なります。ご利用を想定されている拠点がどのような会議でご利用になりたいかをイメージして頂きますと、 [...]

導入にあたって必要な周辺機材は?

ご利用機材は、WEBカメラとヘッドセットであれば、家電量販店やパソコンショップでご購入いただいたものをパソコンにつないで頂けばOKです。また、EyeVisionは、ヘッドセットだけでなく、マイクスピーカーや大型液晶モニタ [...]

文書共有で使えるファイルの種類は?

共有可能ファイルの種類は、 文書ファイル:Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint PDFファイル:PDF形式 テキストファイル:TXT形式 画像ファイル:J [...]

無料で試すことは可能ですか?

お試し可能でございます。サーバ環境、セキュリティ状況、操作、機能すべて正規版とまったく同じものになりますので実際の会議でお試しいただけます。(できれば実際の会議と同じ条件、拠点でお試し頂いて、動作がOKであることをご確認 [...]

テレビ会議とWEB会議の両方の長所をあわせ持つ「EyeVision」

「EyeVision」は、専用端末タイプの「テレビ会議システム」と、インターネットを介して行う「WEB会議システム」の両者の長所をあわせ持つ中間的な位置づけのインターネットテレビ会議システムです。また、EyeVision [...]

毎回のテレビ会議予約の手間を省く方法はありますか?

定例会議や、何度も開催する会議の予約も楽々!「会議予約のテンプレート機能」 テレビ会議システムEyeVisonには、会議予約のテンプレート機能があります。これは、会議室の予約内容(参加メンバーや各種設定内容などの予約設定 [...]


このページのトップへ