使用できるWEBカメラは?

接続できるWEBカメラは、画像キャプチャーソフト「AMCAP」で認識できる物となります。
AMCap.exeでカメラの映像が表示されなければそのカメラでは、EyeVisionで利用できない可能性がありますが、実際にEyeVisionで使用すると問題なく使用できる場合もございますので、実際にEyeVision無料トライアルで試験されてみる事をおすすめします。(AMCCapでのテストはご参考までに。)
※Microsoft社、ELECOM社のWebカメラは推奨非対応です。

弊社の WEBカメラ動作チェック(「AMCAP」ダウンロード)はこちら


WEBカメラを使う上での注意

  1. 接続可能カメラであっても相性問題が出る場合があります。念のため事前に会議システムの無料お試しで、カメラの動作確認をされて下さい。(WEBカメラとUSBポートとの相性など。)
  2. 専用ドライバーを使う形式のWEBカメラの場合は、メーカーのサポートサイトから最新版のドライバをインストールしてください。
  3. USBケーブルの延長は、WEBカメラのメーカーが動作保証していませんので避けたほうがよいです。
  4. USBケーブルは、パソコンのUSBポートに直に接続し、ケーブル延長はせず1本物を使用。また、ポートは固定として下さい。

このページのトップへ