サーバ導入型「レンタル版」のメリットは?

ASP型サービスを利用できないVPN(閉域網)接続型のネットワーク形態の場合など、お客様のネットワークインフラによってはASP型サービスが使えないことがあります。
そのような場合、EyeVisionではイントラネット内でご利用頂ける導入形態「レンタル版」「パッケージ版」を取り揃えております。

通常WEB会議導入において、企業様のイントラネット内でご利用になるには一般的には「サーバー設置・サーバ導入型」で会議システムを利用することなりますが、このような「ソフト買取型」となると、金額が大きいこともあり、もし万が一システムが使えなかった時や、将来的にシステムを利用しなくなった際にリスクを背負ってしまうことになります。

そこで、EyeVision「レンタル版」サービスをお使いいただきますと、もしも運用に載らなかった場合は契約を解除する事が出来、リスクを出来るだけ小さくできるのがメリットです。

サーバ導入をご検討の方は、まずは、システム管理者のリスクの少ない「レンタル版」からお試し頂き、安定運用の見通しが立った段階で、「パッケージ版」への移行をご検討頂くのもおすすめです。

レンタル版は自社でサーバ機をご準備頂く手間や管理も必要なく、毎月の料金でご利用いただけるという、パッケージ販売型レベルの内容でありながら、ASP型の手軽さも兼ね備えた、手軽さが魅力のご利用タイプです。

「サーバレンタル型」タイプのサービスはEyeVisionならではの導入形態です。

このページのトップへ