マイクスピーカーからの音量が小さい場合は?

一体型のマイクスピーカーを使った場合の注意点としまして、次の2つがございます

  1. マイクの集音エリア
  2. スピーカーの音量

参加人数や部屋の広さ、座る位置などに見合ったマイクスピーカーのご利用でない場合は「スピーカー音が小さい」といった症状が出る場合があります。

「マイク音量が小さい」という場合、OSレベルでの調整、及び、外部音響機器での調整を行います。

EyeVisionの高音質・高画質な特性を十分に発揮し、快適な会議を行っていただくため、参加者人数や会議室の形態、及びご予算等に応じて、適切な機材をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

テレビ会議システム「EyeVision」は、レスポンス重視の目的と、業務用音響機器との接続も想定し、音声に対してソフト内部的に増幅したりエコーキャンセルを掛けたりする方式ではなく、あえて『現音をそのまま』送る仕組みを採用している、という事が特徴です。

つまり、小さな音を送って受け側での音響周辺機器のパワーで大きくする、といった運用です。
この仕組みこそが、多拠点接続会議での【高画質・高音質・高レスポンス】を生み出すポイントであり、EyeVisionの優位性となっています。


このページのトップへ