WEB会議で、やまびこの様にエコーが起こる場合の原因と対策は?

原因

WEB会議の際に、やまびこ現象(エコー)を起こす場合の原因として、次の3つがあります。

  1. 音声拡声によるエコー(自分のマイクを通して相手に音声を戻してしまう)
  2. 自己ループによるエコー(自分の音声を自分のスピーカーに戻してしまう)
  3. ループバックによるエコー(PC内部で相手の音声を相手に返してしまう)

上記の中でどれが原因でエコーを起こしているのかを探り、対策を行う必要があります。


対策

  1. 音声拡声によるエコーが原因の場合

    音声をスピーカーから拡声した場合に、自分のマイクを通して相手に音声を戻してしまいます。
    外部音響機器側で、エコー対策を行いましょう。

  2. 自己ループによるエコーが原因の場合

    PCのサウンド設定において、自分の音声を自分のスピーカーに戻す設定になっていると、エコーの様に自分の声が戻ってきてしまいます。
    「1.音声拡声によるエコー」との違いは、「自己のPCのみで起こっている」という所です。
    この状態で音声を拡声させますと、ハウリングの原因にもなりますので注意が必要です。
    マスタ音量の不要なデバイスに全てミュートを掛ける事により対策が可能です。

  3. ループバックによるエコーが原因の場合

    ごくまれなケースですが、PC内部で相手の音声を相手に返してしまう現象(ループバック)が発生する事があります。
    この場合も、マスタ音量の不要なデバイスに全てミュートを掛ける事により対策が可能です。

EyeVisionは、WEB会議の抱える問題点を一つ一つ克服し「実践で使える会議システム」を実現しました。会議開催時における音声トラブルを速やかに解決する「マイク一括制御機能」では、主催者側で、参加者のマイクのON/OFFを遠隔操作することが可能です。会議開催時の突発的な音声トラブルで全体の会議進行を妨げられるような事が無いよう工夫が施されています。

このページのトップへ