画像コーデック(H.264)

高画質・高音質・高レスポンス

EyeVisionは、高度な画像圧縮技術(高速演算アルゴリズム)と、H.264を採用(MPEG4に比べ1.5倍の高圧縮率)した、高度な画像圧縮技術を使用しています。高速演算アルゴリズムにより高画質/高音質/高圧縮率を実現します。

特に映像が格段に綺麗になっているのが開発元お勧めのポイントで、通常画面での美麗映像はもちろんのこと、フルVGAで画面を大きくした時でも美麗な映像が実現できます。(画面を最大化しても、画像が荒くなったりせず、そのまま細かな美麗画像です!)

また、この技術はオプション機能であるアプリケーション共有(デスクトップ共有)機能にも応用されています。高音質モードではサンプリング周波数24,000Hzの高音質を実現。業務用音響機器との組合せにより大規模システムでの会議運用も可能です。

画像コーデックにてH.264、音声コーデックにてSPEEXコーデックを採用。CPU負荷を上げずに圧縮率1.5倍。より高画質でレスポンスの良い映像配信が可能です。海外との接続においても安定した通話品質を実現。専用端末に匹敵する鮮明で滑らかな動きの映像とレスポンスが軽く遅延のないクリアな音声特徴です。

標準版の高音質モードでは、24000Hzまでのサンプリング周波数に対応。自動音声調整/雑音減少/騒音感知といった音声処理オプションも搭載しています。

また、海外との接続においてもさらに安定した通話品質を実現しました。環境に合わせた品質で通信を行うことで、回線帯域の乏しい地域でも通常レベルの画質・音質を実現できますので、遅延のない円滑なコミュニケーションが可能となります。

EyeVision画像圧縮技術について

EyeVisionの開発元の特徴として、H.264を採用(MPEG4に比べ1.5倍の高圧縮率)した高度な画像圧縮技術を持っており、公共機関や大手企業に豊富な導入実績を持っております。

-主な納入先-
韓国軍隊の映像監視システム、高速道路網のライブストリーミング韓国テレコム、SKNETWORKS、その他主力のWiFi端末は、KoreaTelecom、SKNETWORKSに採用されています。


このページのトップへ