標準版 -ログインから会議予約までの流れ-

EyeVision-ASPでの、テレビ会議を予約(ルームを開く)流れをご説明します。

step1 EyeVisionアイコンデスクトップのEyeVisionのアイコンをクリックして起動します。
2 ログインログイン画面で「契約者コード」「ID」と「パスワード(PW)」を入力して、ログインボタンを押します。

ご利用の際にはあらかじめ契約者コードと各自専用のID、PWが発行・通知されます。
3 ログイン後ログインするとメインメニューが開きます。
※ログイン出来ない場合は、IPアドレスを直接利用することで解決する場合があります。IPアドレスについては弊社サポートにお問合せください。
4 会議予約「テレビ会議」をクリックしますと会議室予約状況ウインドウが開きます。
会議室を新たに開く(ルームを開設)するには、「予約」ボタンを押します。
予約ボタン
5 会議予約画面予約ウインドウが開きます。会議室名(入力必須)を入力します。
時間指定会議の場合は、開催日時を設定します。
日時を指定しないフリー会議か、今すぐ会議を開催する、といった場合は、日時は指定不要です。日時を指定しない場合は、予約実行直後からすぐに会議室へ入室できます。
6 メディア設定メディア設定は非必須です。必要の場合だけ指定してください。会議の途中でも、メディアの設定は変更できます。(ただし、送受信の帯域は会議中は変更できませんのでこの画面で初期設定してください。)

  • サイズ指定 ・・・ 会議中、参加者の顔が映るウインドウのサイズです。3種類から選べます。
  • Frame Rate ・・・ 1秒間に送受信するフレームレート(1秒間に表示される映像コマ数)です。数値が大きいほど滑らかな映像で表示できます。(最大15Frane)
  • Bit Rate・・・使用帯域を指定します。(1秒あたりに何ビットのデータが送受信されるか)Bit Rateの数値が大きいほど画質がよくなりますが、それに比例してファイルサイズが増えます。
  • 音声設定・・・音質の設定を選択します。これにより使用帯域幅が変わります。
7 参加者設定参加者設定を行います。参加メンバーには会議の通知メッセージが表示されます。会議に召集されていないメンバーは、会議室予約状況ウインドウでその会議名がリストに表示されず、また参加することも出来ません。

  • 主催者・・会議で主に操作したり話をする方。初期設定では自分の名前が登録されています。主催者は、会議中は常に画面の左上枠に表示されます。
  • 参加者・・会議に参加できるメンバーです。参加者とて登録された上から順に表示の席順がきまります。
  • 傍聴者・・自分の映像と音声は会議画面に表示されずに、会議の様子を一方的に傍聴(視聴)します。
step8 予約実行ボタン「予約実行」ボタンをクリックすると会議室開設(会議開催予約)完了です。

このページのトップへ