機能と特徴

テレビ会議とWEB会議の両方の長所をあわせ持つ「EyeVision」

「EyeVision」は、専用端末タイプの「テレビ会議システム」と、インターネットを介して行う「WEB会議システム」の両者の長所をあわせ持つ中間的な位置づけのインターネットテレビ会議システムです。ビデオ会議システムのように高品質でありながら、安価なPCを端末として利用できる「EyeVision」は、専用機タイプ会議のメリットと、インターネットWEB会議の両方のメリットを取り込んだ、両者の中間に位置するソリューションといえます。


EyeVisionの主な特徴

EyeVision(アイビジョン)は、業界最高峰に極めたクライアントサーバー方式のテレビ会議システムです。独自開発された根幹技術「高速演算アルゴリズム」により高画質・高音質・低遅延・高レスポンスを実現しました。高速演算アルゴリズムは、H.264の膨大な映像・画像計算を一般的なアルゴリズムと比較して10分の1以下の計算量で実現しています。


専用機不要・簡単アクセス

専用機不要・簡単アクセス各自のIDとPWでログインして簡単アクセス。特別な装置や専用機も不要のメンテナンスフリーのWEB会議システムです。 本体ソフトのインストールは無料で、指定のURLから簡単にインストール作業を行って頂けます。 ファイル共有をはじめ豊富な機能を搭載しながらもシンプルな操作画面でわかりやすいと好評です。


高画質・高音質・高レスポンス

高画質・高音質・高レスポンスEyeVisionは、高度な画像圧縮技術(高速演算アルゴリズム)と、H.264を採用(MPEG4に比べ1.5倍の高圧縮率)、 音声ではSPEEXコーデックを採用し、パソコン上でも 専用端末に匹敵する鮮明で滑らかな動きの映像とレスポンスが軽く遅延のないクリアな音声特徴です。 通常画面での美麗映像はもちろんのこと、フルVGAで画面を大きくした時でも美麗な映像が実現できますし、海外との接続においてもさらに安定した通話品質を実現しました。 環境に合わせた品質で通信を行うことで、回線帯域の乏しい地域でも通常レベルの画質・音質を実現できますので、 遅延のない円滑なコミュニケーションが可能となります。
また、この技術はオプション機能であるアプリケーション共有(デスクトップ共有)機能にも応用されています。 高音質モードではサンプリング周波数24,000Hzの高音質を実現。業務用音響機器との組合せにより大規模システムでの会議運用も可能です。

通信帯域の制御 -特許出願中-

非表示となった映像ストリームのダウンロードを停止させます。(特定の映像を非表示にした場合、サーバーからのストリームのダウンロード自体を停止させます。)例えば25拠点での映像会議/データ会議において、サーバー上り対域は従来のEyeVision Ver5.1に比較して約13分の1となります。


高セキュリティ

高セキュリティ映像・音声・共有ファイル、ログイン時のユーザー名及びパスワード等、全てのデータ・全パケットに対して、 暗号化(256bitAES)を実現した高セキュリティ。会議終了後もサーバ上にデータは残りません。 また、接続端末ごとに暗号化を行うか否かの設定もでき、応用範囲も広がります。
ASP型の運用サーバは国内のブロードセンター(ISO9001/ISMS認証取得)内に設置されており、 高レベルで高セキュリティなサーバ環境を実現します。ファイヤーウォールや多段プロキシにも対応。イントラネットに限らず インターネットを介した運用も可能です。また、常に安定した経路を選択してインターネットに抜ける仕組みを構築しており 企業の基幹業務で利用できるように設計されています。


多彩な運用形態に対応

多彩な運用形態に対応WEBカメラヘッドセットによる小規模会議から、会議用マイクスピーカを用いて会議室拠点どうしを接続するなど、様々な運用形態に対応できます。出張先や自宅からの参加も可能ですので迅速で正確なコミュニケーションによる業務の効率化と経費の削減が図れます。
また、「会議室自動参加」で、パソコンとライブカメラ等を据え置いている無人の会議室や、工場等の拠点などでも参加運用の幅が広がります。⇒海外との接続も可能です


サービスガイド / 導入形態別 比較表

タイプ別搭載機能早見表です。※各機能名をクリックすると、詳細画面が開きます。

ASP型 サーバー導入型
エントリー版 標準版 レンタル版 パッケージ版
最大60拠点 最大256拠点 最大256拠点~ 最大256拠点~
標準搭載機能 テレビ会議機能テレビ電話機能 テレビ会議機能テレビ電話機能録画機能ビデオレポート機能ストリーミング配信 テレビ会議機能テレビ電話機能録画機能ビデオレポート機能ストリーミング配信 テレビ会議機能テレビ電話機能録画機能ビデオレポート機能ストリーミング配信
マルチディスプレイ対応日本語/英語/韓国語 バイリンガル言語切替
オプション 日本語/英語/韓国語
バイリンガル
言語切替
業界最高水準!デスクトップ画面共有機能※デスクトップ画面を共有したりアプリケーションを遠隔操作できる機能です。

スマートフォン対応※Androidスマートフォンによる映像配信及び音声通話

設定 ビットレート:
主催者 256Kbpsまで
参加者 128Kbpsまで
フレーム数:2~10fps
音設定:Speex_8,000Hz
1会議室のサーバーの上り帯域の上限:15Mbpsまで
2拠点会議時の画面サイズ:縮小176×144 / 標準320×240
ビットレート:32/64/128/128/256/512Kbps~無制限
フレーム数:2~15fpsまで(1対1通話の場合、最大30fpsまで)
音設定:Speex_8,000Hz~24,000Hzまで可変

1会議室のサーバーの上り帯域の上限
(※ASP型標準版の場合のみ上限あり):30Mbpsまで
2拠点会議時の画面サイズ:
縮小176×144 / 標準320×240 / 大画面640x480 / HD画面 1280x720 対応

HD対応のWEB会議HD対応のカメラを利用し「HD画面」を選択すると、1対1の高解像度
HDビデオ通話が可能です

料金 1IDにつき
3,150円/月
3拠点で
10,500円/月
初期費用無料
1IDにつき
6,300円/月~
初期費用
5,250円/1ID
5Userの場合
65,625円/月
初期費用
100,500円
5Userの場合
997,500
(保守費用等別途)
料金詳細へ 料金詳細へ 料金詳細へ 料金詳細へ
概要 インターネット上のASPサーバーへのアクセスでご利用いただくタイプです。ASP運用サーバは高セキュリティで管理され御社でのサーバ管理などの手間もありません。手軽に、かつ安心してご利用頂けます。 専用サーバをレンタルします。自社でサーバ機をご準備頂く手間や管理が不要。買取りに比べリスクも少なく、手軽さが魅力です。VPN網の方もこちらをご検討ください パッケージソフトの売り切りです。自社内に専用のサーバを設置して運用したい場合に。
VPN網の方もこちらをご検討ください

エントリー版と標準版の違い・ポイント

ハンドマイクやスピーカー機材など、業務用の音響機器やカメラ機材をご利用になる場合は、「標準版」をご選択頂きますと、かなりの高音質・高画質が期待できます。標準版の高音質モードで、SpeexUWBコーデック・ 24,000Hzまでのサンプリング周波数に対応!(エントリー版は8,000Hzまで。)
また、標準版は、HD(1,280x720)対応ですので、HD対応のカメラを利用し「HD画面」を選択すると1対1の高解像度HDビデオ通話が可能です。


このページのトップへ