会議中の個別通話機能 / 個別チャット機能

会議中に、任意の相手と1対1の個別通話で打ち合わせやファイルの受け渡し(ファイル転送)が可能です。

個別通話機能

会議中に1対1の別画面が起動して通話できます。終了と同時に自動的にもとの会議画面に戻ります。

基本操作

  1. 会議中に「参加者リスト」の中から、任意の参加者を選択します。
  2. 次に「個別通話ボタン」をクリックします。
  3. 相手に通話要請の呼び出しがかかります。相手が受け取ると通話が始まります。
  4. 終了を押せば通話が終了し、自動的にもとの全体会議画面に戻ります。

個別通話中、個別通話している内容は、会議参加者からは見えません。
また、個別通話者も全体の会議内容は見えません。
(次項の「個別チャット機能」を使うと全体の会議を見ながら個別通話できます)

個別通話画面

個別チャット機能

基本操作

  1. 会議中に「参加者リスト」の中から、任意の参加者を選択します。
  2. 「文字チャット」をクリックします。
  3. 相手とのテキストチャットウインドウが開きます
  4. 終了を押せば通話が終了し、自動的にもとの全体会議画面に戻ります。

個別チャット中、個別チャットしている内容は、会議参加者からは見えません。しかし個別チャットは全体の会議内容を見ながら行えるので、会議中の個別打ち合わせ、会議中のファイル受け渡し(ファイル転送)が便利に行えます。


このページのトップへ