表示画面の切替え機能

画面の切り替えを選べます。通常は映像のみの画面ですが、文書共有を開くと自動的に文書共有の画面になります。
表示画面は、色々なパターンに変更することが可能です。
ただし、1)制御権を持っている 2)非同期中である 場合にのみ変更可能です。

  • 会議画面
    通常のTV会議の画面です。参加人数が多くなると上下バーが表示されます。
    主催者以外の参加者は、上から順番に会議の席順が決定されます。
  • 文書画面
    文書共有の画面です。選択されている文書を共有します。文書画面モードの時、参加者側のPCでは映像がPinPで表示されます。(主催者の映像枠の右下に参加者(自分)の映像が小さく表示されます。)
  • 会議・文書
    参加者と文書共有を同時に表示します。参加者の表示は1列のみで、それ以上は上下のスクロールバーで表示できます。PCを2画面でご利用の場合は、1画面表示モードと2画面表示モードの選択ができます。

画面切り替え

ココがポイント!

画面表示は完全同期。主催者の表示モードに参加者及び傍聴者の画面が同期します。
また、任意のPCの同期を外すことも可能です。


共有ファイルと参加者表示パターン 通常
会議・共有文書画面
共有ファイルと参加者表示パターン 横並び
参加者枠を横並びにした場合
共有ファイルと参加者表示パターン 縦並び
参加者枠を縦並びに表示した場合
共有ファイルワイド表示
参加者枠を非表示にして共有文書部分をワイド表示にした場合


共有ファイル画面


このページのトップへ