会議中の帯域変更機能

会議中に使用帯域を変更することが出来ます。(主催者のみの機能です。)会議予約時にあらかじめ帯域の制限をかけておくことも可能ですが、これは会議中に使用帯域の制限枠を臨機応変に変更することができる機能です。参加人数が多くなり帯域負荷が多くなった場合などに有効です。

会議中の帯域設定 「主催者」
・BitRate・・・主催者の使用帯域を制限します。
(32k~512kまで変更可能)
・FrameRate・・・主催者のフレームレートを制限します(2~15Frameまで可変)
「参加者」
・BitRate・・・参加者の使用帯域を制限します。
(32k~512kまで変更可能)
・FrameRate・・・参加者のフレームレートを制限します(2~15Frameまで可変)

注)EyeVision-entry版については以下設定で固定です。
主催者・・通常画面(320x240)、256Kbps以下、10フレーム以下
参加者・・通常画面(320x240)、128Kbps以下、10フレーム以下
音設定・・中音質(iLBC)固定


このページのトップへ