文書共有(ファイル共有)機能

テレビ会議中に、自分のパソコンにあるファイルを共有して、お互いがマーキングすることができます。「EyeVision」は、共有ファイルを出した状態でも、画面上に同時に参加者の顔も見ることができます(ホワイトボードやWEB共有も可能です)

参加者全員で文書ファイル、ホワイトボード、ウェブページをPC上で共有することが可能です。共有ウインドウではマーキングなどが可能です。直線、自由線、矩形描画のほか、クリックしたところへテキストを記入できます。


文書共有(ファイル共有)可能なデータ

共有可能ファイル:エクセル、ワード、パワーポイント、PDF、テキスト、JPEG画像、GIF画像
共有ファイル

ファイル共有する文書をEyeVisionサーバーにアップロードするとDocPrintによりイメージ変換され、各クライアント側に表示されます(PNG)。変換スピードはクライアントパソコンの能力によります。
WEB会議画面上に表示させた共有ファイルは、随時削除することが可能です。
サーバーに蓄積されるデータ容量の制限はありません。
WEB会議終了とともにデータは全て消去されます。

文書共有(ファイル共有)画面イメージ

WEB会議の場合

共有機能

2拠点通話(テレビ電話)の場合

共有ファイル

  1. ペンライト・・共有ウインドウ上にポイントをさして他の参加者に示すことができます。
  2. 選択ツール・・マーキングを選択して移動させることが出来ます
  3. 自由線・・左クリックを押しながら自由に線を描きます
  4. 直線・・直線を描きます
  5. 四角形・・四角形を描きます
  6. 円形・・円形を描きます
  7. テキスト入力・・クリックしたところへテキスト文字を入力します
  8. 消しゴムツール・・主催者のみマーキングしたものを消すことができます。通常は全てのマーキングが消えますが、選択ツールで任意のマーキングを選択すれば選択されたものだけを消すことができます。
  9. 色選択・・線や文字の色を変えられます。
  10. 線の太さ、文字の大きさ・・線の太さや文字の大きさを調整します。

共有ファイル画面

  1. 共有ファイルの切り替え・・共有ファイルはタブによる切り替えが可能です。
  2. シート切り替え・・エクセル、ワード、パワーポイント、PDFファイルで、シートで作成しているものはここでページを切り替えられます。
  3. 表示縦横比の切り替え・・表示ファイルを画面の縦であわせるか、横で合わせるかを決められます。
  4. 倍率指定・・表示ファイルの倍率を指定できます。基本倍率100%、50%~400%まで拡大・縮小表示指定できます
  5. ファイルの削除・・表示しているファイルを文書共有(アップロードファイル)から削除します。元データに影響ありません。

同期/非同期の制御


文書共有ウインドウの全画面表示

共有文書のフルスクリーンも可能です。
スキン表示を隠し、1画面にフルで映像を表示させます。フルスクリーンには2種類あり、TV会議時と文書共有時ではフルスクリーンの表示が異なります。参加メンバー各々が変えることができます。

共有文書のフルスクリーン


このページのトップへ