業界初 – デュアルディスプレイ対応

EyeVisionは2台のディスプレイを使ったWEB会議が可能です。第1画面にカメラ映像、第2画面に文書やレントゲン映像など、医療系・製造業など様々な業種の方に便利です。

マルチディスプレイ対応EyeVisionは、2台のディスプレイを使ったWEB会議、マルチディスプレイ対応。(標準版、レンタル版、パッケージ版)
フルスクリーン(全画面)で、第一ディスプレイには共有画面(ファイル共有/文書共有デスクトップ共有画面など)を表示させ、その画面を見ながらもう一方の第二ディスプレイに各拠点のWEBカメラ映像を表示させ、会議やプレゼンテーションを行う・・といった事が可能です。

デュアルディスプレイ、マルチモニタでWEB会議
パソコンのモニター二枚を使うことのほか、ノートパソコンとプロジェクターを組み合わせると、より応用の幅が広がります。例えばノートPCに各拠点のWEBカメラ映像を表示させ、一方ではプロジェクターで共有ファイル画面を大きくスクリーンに映し出すといったような事が可能です。



デュアルディスプレイでプロジェクター活用したWEB会議

共有画面の分離

ノートPCに外付けのディスプレイやプロジェクターを接続したり、デスクトップPCで2つのディスプレイを利用する際、デュアルモニターの設定で画面を拡張させることができます。そのような設定がされている場合、共有画面を分離して映像と共有データを別々のディスプレイに表示させることができます。
デュアルモニターで利用中に文書共有をすると、『共有画面分離』ボタンが表示されます。クリックしてチェックを入れると画面が分離されます。画面を分離すると、2つのディスプレイの好きな方に、好きな画面を持っていくことができます。また、どちらの画面に持って行ってもフルスクリーン表示が可能です。


このページのトップへ